界面活性剤と聞いたら、だいたいはシャンプーや洗剤の主成分である洗浄成分を連想するかと思います。

ですが、ひとことに界面活性剤といっても種類はさまざま。コンディショナーにも界面活性剤が使われています。

界面活性剤をすごく簡単に言えば、水と油を混ぜるられるようになるもの。なので、とうぜん水に溶けます。

水に溶けるということは、極性、つまりイオンになるということです(ならないものもありますが)。

このイオンになる(またはならない)傾向で、界面活性剤は大きく4つに分類できるのです。

今回はその界面活性剤の分類のお話です。

アニオン界面活性剤

陰イオン界面活性剤ともいい、水溶液中で陰イオン(アニオン)になる界面活性剤です。

この界面活性剤が水中にあると、油脂などを界面活性剤が包み込み(ミセル化)、水になじむ側が陰イオンの親水基となるので、油脂類などを水に混ぜることができます。

繊維や髪は、水にぬれるとマイナスの極性が強くなります。その性質によって乳化・分散し陰イオンとなった油脂などの汚れが、髪や繊維に再付着しにくくなり、多くが離れていきます。そのため洗浄作用が強く表れます。

その能力のため、洗剤で多く使われています。起泡作用も強いというのも洗剤として選択される理由の1つです。

一般的なシャンプーは多くがアニオン界面活性剤で、たとえ弱酸性のシャンプーだろうが、アミノ酸系のシャンプーだろうが、水溶液中で界面活性剤が陰イオン(アニオン)になるものは、分類でいえばアニオン界面活性剤です。

カチオン陽イオン界面活性剤

陽イオン界面活性剤ともいい。先ほどとは逆に水中では陽イオン(カチオン)になる界面活性剤です。

こちらは水になじむが陽イオンになります。先程の陰イオン界面活性剤とは逆に繊維や髪に吸着しやすいという作用があります。

この機能がうまく働けば、髪や繊維に薄い油の膜を貼ることができます。しかも、その膜と髪との間に水分子を閉じ込めることもでき、柔軟性や潤い、帯電防止作用(静電気抑制作用)などを与えることもできます。

この機能のため、洗濯の柔軟剤やリンス・コンディショナーといった製品などで多く使われています。

また殺菌作用も強く、弱酸性系の石けん(逆性石けん)として使われたりしています。

カチオン界面活性剤には刺激性があると言われています。ですが製品に配合されているものは総じて厳しいチェックを通っていますし、近年は成分の品質も良くなっています。刺激や肌荒れといったトラブルの危険性は現在のところ、ないとされています。

両性界面活性剤

水溶液の極性によって陰イオンにも陽イオンにもなる界面活性剤です。

上記のアニオンとカチオンの両方の特徴を持つことができます。ですが、アニオン界面活性剤やカチオン界面活性剤本来の能力まで強い力は発揮できません。アニオン活性剤なら洗浄力ではかなわない。

どちらの極性を持てますので、他の界面活性剤が入っていても、その界面活性剤のジャマをしません。例えばシャンプー剤に配合しても洗浄力が落ちたりしない(カチオン界面活性剤を入れると洗浄力が落ちてしまいます)。

その特徴から、泡立ち能力が弱い界面活性剤で、その泡立ちを助けるための「起泡剤」や、足りない洗浄能力を助ける洗浄助剤などとして使われることがあります。

また両性界面活性剤自体も、非常に弱いですが洗浄力がない訳ではありません。その洗浄力の弱さと低刺激性から、低刺激のシャンプーや赤ちゃん用のシャンプーやソープなどに使われたりもしています。

ノニオン界面活性剤

いままで紹介した界面活性剤とはまったく違い、水の中でもアニオンやカチオンといった極性にならない界面活性剤を、ノニオン界面活性剤といいます。ノニオンとは「非イオン」のことです。

つまりイオン化しない界面活性剤です。なので他の界面活性剤や、水溶液の pH などの影響を、ほとんど受けません。

この特性から、製品を乳化させる作用や、その乳化状態を安定させる作用が、上記3つの界面活性剤より高くあります。

そのため製品の乳化剤や乳化安定剤として製品に配合されることが多いです。

まとめ

以上が界面活性剤の分類と、その性質です。

シャンプーやコンディショナーに関係が深いのはアニオン界面活性剤とカチオン界面活性剤、あと両性界面活性剤でしょうか。

残りのノニオン界面活性剤も、ヘアケア製品や整髪料といった多くの化粧品に使われたりしています。

これら以外に「硫酸系」「アミノ酸系」という風に呼ばれる界面活性剤もありますが、これは界面活性剤の個別の成分の違いで分けたものです。

今回の種類分けは「陰イオン」や「陽イオン」といった性質から見た分け方です。よく混同しがちですが、お間違えのないように