カットやパーマをしてくれる場所は理容店と美容店の2つあるのですが、誰もが1度はこう思ったことがありませんか?

「どうして理容と美容の2つがあるのだろう?」

この2つの違いは法律で決めれいます。簡単に言えば次の点です。

  • 理容は、容姿を整えること
  • 美容は、容姿を美しくすること

そのためか、昔は「男性は理容」「女性は美容」と別れていました。ですが近年では、時代の流れや規制緩和などにより、その差はほとんどなくなっています。

ですが、せっかく2つあるのです。明確な違いを考えてみたいと思いませんか?

なので今回は、理容と美容の文字を見て、確実に違う部分、「理」と「美」の漢字に焦点を当て、その漢字の意味の違いから、理容と美容の違いを見いだしてみます。

理容の「理」は、理(おさ)める

まずは理容の「理」です。

理容に使われる「理」という漢字は「王」と「里」が合わさって出来ています。

「王」は「玉」を表し、「里」は「田」と「土」で、耕して筋目をつけるという意味があります。それらから「玉を磨いて模様(筋目)を出す」という意味ができました。

そこから転じ「ととのえる」「おさめる」「分ける」「筋目をつける」といった意味ができ、「地理」や「肌理きり(はだのきめ)」という意味になったり、「筋目を表す」と意味が抽象化され「理ことわり」や「道理」といった意味に使われるようになりました。

これらから理容という字は「容姿を理おさめる」と読めます。「理める」とは容姿を整える、処理する、繕つくろう、といった意味を含めます。

美容の「美」は、美しい

次に美容の「美」です。

美容の「美」の漢字は「羊」と「大」が合わさっとものです。

字には「羊ひつじ」が大きく関係していて、諸説あるのですが、だいたいは「羊が神の供物に使われた」ことが関係していて、「命を献げて対象を高める、最も崇高な行い」や「神にささげるもの(羊)は、完全なもの(成熟した羊)」という意味から来ているそうです。

現在での「美」は、時代・流行・人によって違いがあります。意味も容姿の美しいから、美術といった芸術的な美まで幅広く捉えられます。

そんな美という漢字が付いた美容は、その字そのまま「容姿を美しくする」という意味になります。

もう少し深く考える

まとめますと、理容は容姿を理める、つまり「容姿を整える」という意味で、美容は「容姿を美しくする」という意味です。

これでは理美容師法に書かれていることと同じです。なので、もう少し掘り下げます。

まず「美」という漢字は、これ以上解釈を広げるのは困難です。というのも「美」という字自体が強力で、その解釈しかた次第では「容姿を整える」も美の内に入ります。つまり、それが「美」なら何でも入れられます。

なので「理」の漢字を掘り下げます。理は「磨いて筋目を出す」という意味なので、考えかたによっては「余分なものを取り除く」とも取れます。

この解釈を広げると、理とは「余分なものを取り除き、その物の良さをあらわにする」とも言えます。

つまりこれは不要なものを取り除き、そのモノが本来持つ素晴らしいものを表に出す「引き算」の技術です。素材の味を最大限に生かす和食のように、理容とは「その人の良さを引き出す」とも取れます。

この解釈に対称させる形で美容を考えると「足し算」の技術になります。

パーマやカラー、エクステなど、いろんなモノを足すことで「美しさ」を作りあげます。メイクやドレス、着付けなどをして美しく変身することと同じです。それはまるで、味を重ね合わせて美食を表現するフレンチのようです。

どうでしょう、ちょっとおもしろい結果になったのではないのでしょうか? これは理容・美容の漢字の違いだけで考察した話なのですが、実際の理容・美容のイメージと比べてみて、どう感じましたか?