このような記事に、このようなことが書かれていました。

シリコンシャンプーも一時のようにシリコンを過剰にいれた商品が減り、改善されてきています。とくにかゆみなどがなければ、シリコン・ノンシリコン、オーガニックにかかわらず、気に入った、自分の髪にあったものを使えばよいでしょう。

これは育毛の記事なので、頭皮に重点を置いての回答なのだと思います。

たしかに最近は昔に比べてシャンプーの質が良くなっていると聞いています。頭皮の薄毛とシリコンとの関連性の是非ぜひは分かりかねますが。

では、その最近のシャンプーとは、どんなシャンプーなのでしょう。

最近のシャンプーは、どんなシャンプー?

では、最近のシャンプーはどのように「良くなっている」かと言えば、簡単に言えば「低刺激・低洗浄力」と「低シリコンまたはノンシリコン」です。

低刺激・低洗浄力

シャンプー剤は昔から洗浄成分の問題がついて周ります。直線からだ(髪や頭皮)に付くから、なおさらなのでしょう。

そのような話は企業側も敏感で、それは製品のほうにも反映されています。特にpHなどは何も書いていなくても多くのシャンプーが中性か弱酸性です。

これは同時に、洗浄力の低下につながっています。つまり今のシャンプーは、昔に比べたら洗浄力はかなりマイルドです。

まあ最近は毎日のように洗髪しますので、低洗浄力でも頭皮の面では問題ないと思います。逆に洗いすぎが問題視されるほどです。

ただしこれは「シャンプー剤トータルで低洗浄力」ということです。洗浄力を下げる成分、例えば油分やシリコンが配合されていると、それらに負けないよう強めの洗浄力を配合していることもあります。

そしてこれら(シリコンなどは多いのに低洗浄力)から「髪の毛にシリコンといった残留物が残る」という問題が生じました。そしてこれが「ノンシリコンブーム」が起きた原因へとつながっていったのです。

低シリコンまたはノンシリコン

ノンシリコンシャンプーとは「シリコンを配合していないシャンプー」です。このシリコンという成分が髪や頭皮に何か悪さをしているのではないかと、おこったブームがノンシリコンシャンプーブームです。

このノンシリコンブームのあと、シャンプー剤のシリコンの量は減っていると聞いています。もしくは使われていない。

ですが、それではシャンプーの使用感は下がり、洗髪時も洗いにくくなり、髪にとってもあまりよくありません。

そこで出てきたのが、カチオン系ポリマーといった高分子のカチオン化合物です。

これらはシリコンまで使い勝手はよくありませんが、低い洗浄力のシャンプーでも使えるので、だいたいのシャンプー剤に配合されています。

ただ、これらも成分や量によっては、シリコン同様に髪の毛に残ることがあります。

また、シリコンほど洗髪時の使用感や仕上がりがよくなるわけでありません。ノンシリコンシャンプーのブームの低下の一因に、やはりこの仕上がりの悪さがあったとは思います。

まとめ

このように、最近では低刺激(=低洗浄力)で、シリコンなどのコンディショニング成分でシリコンは少なめ、もしくはノンシリコンという傾向です。

シリコン(正確にはシリコーン)に関しては減っているので、頭皮に対してはさほど問題はないそうですが、髪の毛に対してはやはり吸着性が強く、なかなか落ちないと言われています。

だからといって、シリコンの代わりに配合されている油分やカチオン系の高分子化合物などがいいかと言えば、それは量や質の問題で、なんとも言えません。

髪には今のところ、何も残らないほうがいいので、シャンプーの後はやはり「しっかりすすぐ」のが重要になってきます。