髪は英語では「hair」と言いますが、同じ単語で「hairs」という複数形もあります。髪が1本のときは「hair」で、2本3本と複数あるときは「hairs」です。

ですが、ヘアスタイル(hair style)や髪色(hair color)といった髪全体を表す場合は「hair」となり、さきほどのように複数形にできません。つまり、1本2本と「数えられないもの」になるのです。

英語ではこのように、同じ「hair」でも、文脈によっては数えられたり、数えられなかったりするのです。

日本語ではどうでしょうか? 今回はそんな細かな違いについてのお話です。

「髪」 と 「髪の毛」

日本語で英語の「数えられないほうのhair」はどれかと言えば、「髪型」や「髪色」の「」です。「hair style(髪型)」や「hair color(髪色)」と同じですね。

以前の話にもありましたが、日本語でも「髪」は頭部の毛が密集している部分という部位を指す言葉で、「眉」や「ひげ」などと同じように使われることが多いのです。

では「数えられるほうのhair」は日本語で言えば何でしょう? 先程の「髪」と別の表現となると「髪の毛」になるでしょう。

例えば胸にある毛は胸の毛で「胸毛」といいます。眉にある毛は眉の毛、つまり「眉毛」です。

それと同じように「髪という部分にある毛」という意味で「髪の毛」なのだと思います。

「毛髪」や「頭髪」や「毛」は?

これら「髪」と「髪の毛」以外に、似た言葉で「毛髪」があります。

「髪の毛」と「毛髪」は字から見たら似ていますが、髪の毛が「髪にある毛」を表しているのに対して、毛髪は正確には「体にある全ての毛」を意味する言葉です。つまり、体毛と髪という「体すべての毛や髪」を合わせて「毛髪」です。

また「頭髪」という言葉もあります。頭以外に髪と呼ぶ部分はないのに、わざわざ「頭髪」としています。

こちらは「毛髪」に合わせてできたのではないのでしょうか?体の毛と髪を表す「毛髪」に対して、頭の部分の毛髪を表すための「頭髪」というような感じです。

それなら、「頭部の毛」という意味で「頭毛」でもいける気がします。実際に「頭毛」という言葉はありまして、昔の書物でも確認されています。ただし、現在ではあまり使われていません。もしかしたら、この「頭毛」から「頭髪」に変化して、そちらのほうが多く使われるようになったのかもしれません。

そして最後に「毛」ですが、毛は「動物・植物をふくめたすべて生物にある糸状の組織」を意味する言葉です。つまり「髪は毛の仲間であり、同じだ」とも言えます。

まとめ

このように、私たちが何気に使っている「髪」や「髪の毛」という言葉は、細かく見ればわずかな違いがあります。言葉が違いますからね、当然といえば、そうなのですが。

ただ、日本語の場合、文章全体の内容からその意味を理解する文化(高文脈文化)ですので、必ずしも今回のような意味で捉えられるワケではありません。

つまり、英語のように単数・複数と確実に分けなくても、意味が通じる時があるのです。なので、今回のようにあまり細かくこだわらなくても、実際は良いのかもしれません。

参考リンク:
高・低文脈文化 - Wikipedia